半夏生には多幸(タコ)を食べよう!築地市場 茹で蛸専門店 大政本店

半夏生に大政のタコをお召し上がりください

半夏生(はんげしょう)とは

ハンゲショウ(カタシログサ)という草の葉が名前の通り半分白くなって化粧しているようになる頃とも半夏生(はんげしょう)とは夏至から数えて11日目の雑節の日のことを言います。雑節(ざっせつ)とは、二十四節気・五節句以外の季節の節目となる日を意味し、二十四節気を補う意味合いを持っています(土用・節分・彼岸等も雑節です)。半夏生は夏至から数えて11日目ですので、今年は7月2日になります。

昔、農家ではこの日までが田植えの目安とされ、夏至から半夏生の間に田植えを終わらせるのが好ましいと言われていたそうです。冬至に「かぼちゃ」を食べると良いと言う風習があるように、半夏生にも何かを食べるという風習があります。半夏生の場合は地方によりその食べ物が違っているようですが関西地区では蛸を食べる、という風習があるのです。

関西地方、特に瀬戸内海の沿岸地方では、半夏生には蛸を食べるという風習があります。田植えは夏至から半夏生にかけて行うのが通例。蛸の吸盤が地に着いたら離れないことから「田に稲がしっかりと根付くように」と願い、蛸が食べられるようになったと言われています。

また、蛸には疲労回復効果があると言われているタウリンや亜鉛が豊富に含まれていることから、田植えを終わった後の疲労回復や夏バテ防止策として食べられていたとも言われています。

明石・下津井食べ比べ

大政の茹で蛸で夏に備える!

6月中旬より8月のお盆までは、瀬戸内は下津井・明石の蛸の入荷ピークを迎えます。恒例の「大政の半夏生キャンペーン」、大政人気の茹で蛸二大産地をセットにした 下津井・明石産の大政特選茹で蛸の食べ比べセット をご提供します。また今年は 大政本気の酢蛸をおまけ します。限定 20セットのご提供です。



hangesyouset2016m

このシーズン最も美味しい「下津井産」と「明石産」大政特選茹で蛸の食べ比べセット(各450g/配送料・消費税込み)を 5,500円のキャンペーン価格でご提供します(限定20セット)。

2015_hangesyoshop

2015_hangesyoshop

キャンペーンは終了しました。
特選大政の茹で蛸は、大政本店WebShop でお取り寄せいいただけます。


大政の茹で蛸で夏を乗り切る!

大政の茹で蛸はしっかりとした味付けが自慢。そのままぶつ切りにすれば、お酒のお供に。炊き込みご飯にまぜれば蛸ご飯に。パスタと和えれば和風蛸パスタに。大政タコ料理レシピ をご用意していますのでご参照下さい。タウリンたっぷりで低カロリー。大政の茹で蛸で夏を乗り切りましょう!

daimasamanga大政の茹で蛸の魅力はおざわゆき先生のマンガで!

夏に備え美味しい茹で蛸で素敵な料理